教育学部

教育実習はつらい?そう思うからつらいのだ。【実際に行ってみた】

中学校教育実習はつらい?

こんにちは かずと(@kazutogame1) です。

最初に簡単な自己紹介をすると。

大学は地方の国立大学の教育学部で、小、中、高の教員免許を取得予定です。

 

大学卒業時に小学校2種・中学・高校1種(数学)を取得しました。

 

私は、大学3年の時に中学校へ4週間実習に行きました。

大学4年の今年(2018年)も小学校実習へ2週間行ってきました。

 

2回教育実習に行ったわけですが

私自身は教育実習は

 

つらくもなんともありませんでした

 

むしろ、こんなもんかって感じでしたね

では、ここから私が中学校へ教育実習へ行ったことを元に

実情をお伝えしていこうと思います!

(先に言っておくと教育実習がつらいかどうかは担当の教員や学校にもよるので本当にしんどい・つらい方もおられると思います。そのような方は自分を責めすぎず、とにかく自分を大切にして何とか教育実習を乗り切ってくれることを祈るばかりです。)

教育学部の就活はもう普通
教育学部は就職に不利?そんな考えはもう古い!実際に就活してみたこんにちは、教育学部在学中の大学生かずと(@kazutogame1)です! 教育学部にいながら就活をし、内定を獲得した私が ...

教育実習校について

教育実習には、そもそも

附属の学校に行くのか、公立の学校に行くのかの選択肢があります。

私の大学では、附属学校がありましたので、そこに実習に行きました。

 

なので、今回は附属中学校での教育実習について書いていきますね。

もちろん公立中学校にも共通する部分はたくさんあると思います!

実習校から学生は歓迎されていない?

歓迎されていない?

このような話を聞いたり、自分で思っている人が多いと思います。

実際、大学では迷惑をかけるのだから・・・といった指導がなされると思います。

しかし、実際に実習校の先生と話してみると

先生自身も教育実習の経験者ですし、同じ大学の出身の方もたくさんいます。

実習生がどのような気持ちで来ているのか、それを確実に理解しています

 

そんな人たちが、実習生のことを迷惑がって邪険に扱うことがあるでしょうか?

ましてや、今後一緒に働く可能性もある人たちの前で

大体の先生はそのような事はしませんし、

むしろ、丁寧に寄り添って、親身に話を聞いてくれます

 

もちろん、先生方は忙しいので、いつでもそばに

というわけにはいきませんが、

質問をすれば、答えてくれます。

忙しいから後でと言われたら

後からしっかり教えてくれますし、

来なくても、大体忘れているだけなので

何度でも行きましょうw

聞かなければ教えてくれません。

そこは実習生が変わるべきところですね。

悩んでいる人に自分から手を差し伸べるほど

先生は暇ではありません。

 

寝る時間もない?

寝る間もない

あります。

私は普通に寝てました。

家に帰ってからしなくてはならないことがたくさんあると

よく聞きますが、中学校実習では、そんなことはありませんでした。

担当する教科の授業や総合の時間以外では控室で授業の準備(指導案や実習録)が

できるので、空いている時間を、上手に使って

家に仕事を持ち帰らないようにしましょう。

もちろん、公開授業(採点授業:最後に色々な先生に授業を見てもらいフィードバックをもらう)の前などは準備で忙しいかも知れません。

それでも、学校に遅くまで残るなどしてできる限り、

家に仕事は持ち帰らないように私はしていました。

(22時くらいに学校をあとにすることも)

何事も効率よく。教育実習に限ったことではありませんね。

 

いくら効率よくしても、寝る時間もない人もいるかと思います。

実際私とともに実習を行っていた友人は徹夜する日々だったそうです。つらいかどうかは、担当教官に依存する部分も大きいのかもしれませんね。

また、大学によって実習録などの形態も違うため、実習録を書くことに時間が場合もあります。

指導案がかけない?

指導案が書けない

書けないならネットで調べましょう。いくらでも前例は出てきます。

それを自分の考えに合ったように書き換えていきましょう。

教えることの基本はずっと変わっていないので、授業も根幹は変わりません。

調べればわかるものを、自分の頭だけで考えようとするから時間がかかるのです

 

それでもわからない、書けないときは、とにかく質問しましょう

その相手は先生でも良いですし、同じ実習仲間でも構いません

とにかく話をする。質問することは恥ずべきことではありません。

実習を乗り切るためには、実習生同時の協力が不可欠です。

相手が大変な時は手伝い、自分が大変な時には助けてもらう。

それが出来なければ、あなたの教育実習は大変なものになるでしょう。

 

生徒にとっては貴重な1授業

実習生にとっては、何回もあるうちの1つの授業かも知れませんが

生徒にとっては一生に一度の授業です。

これは間違いない事実だと思います。

しかし、それを意識しすぎるあまり、あなたらしさを見失っていませんか?

 

一生に一度の授業。そこであなたに出会ったのだから、生徒には私の授業でよかったと思われたいですよね?

 

そう思ってもらうためには、授業内容を工夫することはもちろんですが

指導案を工夫することよりも、生徒のリアクションを予測し

生徒のリアクションにどのように答えていくかを考えた方がよいでしょう。

 

生徒は自分の意見が無視されることはつらく

受け入れられたときはとても喜びます

 

予想外の反応が返ってきたときに、予定と違うからはねのけるのではなく

生徒の意見の本質を見抜き即座に対応できるようにすることに時間を割くべきだと私は考えます。

 

そのためには、実習前から準備が必要です。

予想外の質問に答えるためには、あなたが本質を理解している必要があります。

残念ながら、実習中にそれを学ぶ時間は確保しづらいです。

そのため、実習前から教える単元を先生に聞き、

その単元の本質について自分なりにまとめておきましょう(すでに分かっている人は大丈夫です)

 

これをするだけで、授業での臨機応変な対応ができます。

授業がうまくいっていない実習生は、何を教えているのか、その本質が理解できていないから、予想外の質問にたじたじなのですね

 

最後に

私は教員になるつもりはありませんでしたが、実習にはまじめに取り組んだつもりです。

それでいて、つらくなかったと断言できます。

 

教育実習を少しでも楽に過ごすために
  1. しっかりとした準備を
  2. 効率のよく仕事をする
  3. 仲間と協力することをおしまない
  4. 一人で考えすぎず質問をする

 

このことを押さえておけば充実した教育実習ライフを送ることができると思いますよ!

 

世の中には、ブラックな実習校もあるかも知れません。その場合は大学にしっかりと相談すること。黙って我慢してはだめですよ。あなたが、健康に実習を終えることが何よりも大切です。

ABOUT ME
かずと
かずと
交際5年目/趣味は酒とゲーム課金の彼氏とパニック障害の彼女のカップルがお送りするブログを運営中/塾講師歴4年 / 学費全額免除 /内定獲得/Shadowverse/ DbD/プリコネRをプレイしてます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。