PS4

Detroit :Become Humanゲーム実況してみてのレビュー感想【デトロイトビカムヒューマン】

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

こんちには、カップルブロガー兼ゲーム実況者のかずと(@kazutogame1)です。

ゲーム実況を始めて、最初のプレイ作品となったDetroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

以前からとても気になっていたゲームだったのですが、やっとプレイすることが出来ました。

本当に面白かったから是非プレイしてみてください!

プレイするかのちょっと迷うなーって時はよかったらゲーム実況でも見て考えていただければ!((宣伝

今回は、実際にゲーム実況してみてのDetroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)の感想・レビューを書いていこうと思います。(画像はすべて実況中のスクリーンショットです)

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)のストーリー

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

舞台は2038年のデトロイトです。人工知能やロボット工学が高度に発展を遂げたこの都市で物語は進んでいきます。

デトロイトではアンドロイド達が人間に代わり、清掃・接客など多くの労働や作業をこなしています。ときには奴隷のように扱われることも・・・

そんななか発見された、自らの感情・意思を宿した変異体と呼ばれるアンドロイド。

感情を宿したアンドロイドはただのプラスチックの塊なのかそれとも命を持つのか。

自由を求め立ち上がる、自らの意思を持つアンドロイドの変異体たち

人間が発明したアンドロイドに脅威を感じる人間たち

果たして人間とアンドロイドの未来はどのような展望を迎えるのか。

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)の感想

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

実際にゲーム実況してみての感想としては、とにかく考えさせられるゲームだったということ。

2038年が舞台となっており、今から20年後ほどの出来事として描かれています。

実際に20年後にこのようになっているかはわかりませんが、いずれアンドロイドのようなものが開発され、人間は仕事を奪われ路頭に迷う人も出てくるでしょう。

現代でいうAIが自らの感情を持つ可能性も否定はできません。

見た目は人間そのもの、仕草や声も人間。その差は感情だけ。2019年の現在でもここまできています。そんなAIが感情を持つと、人間との違いは何なんでしょうね。

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)をプレイしているとそのことについて深く考えさせられます。

☟主人公の一人であるアンドロイド

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

プレイヤーの選択肢によってストーリーが大きく変化

なぜそんなに考えさせられるのか。その要因として、豊富な選択肢・分岐するストーリーがあげられます。

☟最初のチャプターとは思えないほど重そうな選択肢。

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

プレイヤーの選んだ選択肢によってストーリーが変化するのですが、選択には制限時間があるのですぐに決めなければなりません。プレイしていると自分の素の感情が選択肢に出てしまうような感じがします。

選択肢によっては簡単にアンドロイドが死んでしまうこともあるらしい。

かっこいいフローチャート

チャプターが終わった後にはフローチャートがあります。

自分がどのような選択肢をたどってきたのかここで確認できます。

やり忘れたことを確認できたり、全世界で何パーセントの人がどの選択肢を選んだのかも確認することが出来ます。

全世界0%など少ない人しかたどり着けていないルートに行ったときの達成感はすごいものです。

このフローチャート画面がカッコいいんじゃぁ(*’ω’*)

☟最初のフローチャート

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

唐突なQET

QET、Quick Time Event (クイックタイムイベント)とはゲーム画面に出てくるボタンを押せと言った指示のことです。

☟このように×ボタンを連打しろなど

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

ゆっくりイベントムービー始まったなーと思ってみていると急にボタン入力を迫られます。

失敗するとストーリー分岐することもあるので注意が必要です。

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)はゲームをあまりしない人でも簡単にプレイできると言われますが、この要素だけは注意が必要です。油断していると普通にミスします。

最初に難易度を二通りから選択できるので無理のない選択をしましょう。

個人的には、簡単な難易度を選択したのに結構大変だったです( 一一)

まるで映画を見ているよう

美麗なグラフィックとそのストーリーの良さからまるで映画のようだと評価されますが、本当にそう感じました。

映画の様に主人公たちに感情移入しやすいし、緊迫感を演出する音楽であったり、すべてが最高の環境を整えてくれています。

プレイ後のエンドロールでは映画を見終わったときのような達成感を味わいました。

終盤の盛り上がりは本当に半端ない(゚д゚)!

☟美麗なグラフィック

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン) Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)

Detroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)総評

Detroit :Become Human総評
  1. 考えさせれる近未来の社会問題
  2. 美麗なグラフィック
  3. 豊富な選択肢
  4. 映画のようなゲーム

総合的に見て最高だったとしか言えません。最初に実況したゲームがDetroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)でほんとうによかったと思います。

よかったら是非プレイして、あなただけのDetroit :Become Human(デトロイトビカムヒューマン)を楽しんでみてください。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ABOUT ME
かずと
かずと
交際5年目/趣味は酒とゲーム課金の彼氏とパニック障害の彼女のカップルがお送りするブログを運営中/塾講師歴4年 / 学費全額免除 /内定獲得/Shadowverse/ DbD/プリコネRをプレイしてます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。